元不登校児 シシトトパンのひとりごと

20代女・元不登校児、現在社会人。日々思ったこと、リアルな友人には言えないこと、不登校時代に書いた詩などを公開中!

社会人だけど、毎朝メイクをするのをやめてみたら、朝が憂鬱じゃなくなった

私はできるだけメイクをしたくない人です。

 

だけど社会人なので、

仕方なく毎朝メイクをしていました。

 

入社したての頃、

先輩に「化粧はしたほうがいいですよね」と聞くほど、

化粧をしたくなかった・・・。

 

 

私がメイクをしたくない理由

 

①朝、メイクをするのがメンドくさい

 極度のメンドくさがり屋の私には苦痛でした。。

 

②顔を触れない

 私は考え事をする際、よく顔を触ります。

 この考え中のポーズがメイクによって妨げられるのが、小さなイライラに。

 

③メイクをしてもしなくても、顔が変わらない

 メイクで変わるほどの技術を持っていないので、

 メイクをしてもしなくても、同じ顔なのです。

 だったらしなくていいかなと。。。

 

④メイク落としがメンドくさい。

 夜に疲れていたりすると、翌朝にお風呂に入ることがよくあるので、

 メイクを落とさずに寝てしまうことがある。

 そしてとにかくメンドくさい。。

 

⑤肌が弱い

 肌が弱く、すぐに荒れます。

 顔がよくかゆくなってました。

 ニキビもどこかしらにひとつはある状態。

 

 

 上記の理由から、入社2年目のとき、

メイクをしないで会社に行きました。

 

周りの反応は特になし。

普段と変わらぬ日常。

変わったのは、私が顔をものすごく触っていること笑

当時は自分にとって難しい仕事をしていた為、よく考え事をしていたからなおさら!

 

その日から、

私はメイクをして会社に行くのをやめました。

 

 

メイクをやめて変わったこと

 

①毎朝のメイクの時間が無くなった!

 この時間があるとなしでは大違いです。

 しょうがなくメイクしていたので、

 私にとってこのメイクの時間はネガティブ時間でしたが、

 それがなくなったことにより、朝は清々しいだけの時間になりました。

 

②仕事中に、自由に顔を触れる

 考え事がしやすくなった!

 小さなイライラもなくなった!

 

③メイク落としの時間・手間がいらなくなった

 夜遅くなってっも、メイクを落とさないくても、すぐに寝れる!!

 

④顔が荒れなくなった

 化粧水とか乳液を使わなくなったけれど、

 ニキビもほぼできないし、荒れることもなくなりました。

 

 

メイクをしなくなると、いいことがたくさんあります。

一番は朝の憂鬱がなくなったこと。

 

メイクが好きな人には、

メイクの時間がないと憂鬱だという人もいると思いますが、

メイク嫌いな人は、周りの目を気にせずメイクをやめてみてはいかがでしょう。

 

もちろん、

サービス業などで「メイクをする」ことも仕事に含まれている方は

難しいかも知れませんが、

世間や周りの目を気にしない選択は自分の幸せにつながると思います。